« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年11月

2016-11-03

一日限りの!

セミラーミデ終わってしまいました。

最初にお声をかけてもらった時にはどこから始めたら良いのやらと思っておりましたが(初役の時はいつもそう思ったりもしますね)ロッシーニのオペラと言ってもブッファではなく笑、以前から園田マエストロからはロッシーニのセリア勧められていましたので、いよいよ来ましたかっ!といった感じではありました。以前はベルカントものもよく歌っていたのですよ。
この数年で知り合った方の紹介でヨーロッパに行った際あるマエストロとコレペティ作業もできて個人の準備はできました。とにかく全てがまったくお初!のこの作品。しかしロッシーニの真面目なオペラこんなに素晴らしいとは思っていなかったです。音楽的に充実しているので一つ一つのドラマがオーケストラとともに進んでいくのが興味深く、調性の変化やドイツ的な影響もひたすら面白く演奏を楽しめました。セリアの方がロッシーニの天才ぶりをしっかり実感できるのではないでしょうか。
藤沢市民のオーケストラ、合唱、スタッフの皆さんも新しいことを生み出す意欲が集結したように思いました。ベルカントオペラはオーケストラが伴奏程度になることはありますが、今回は序曲からしっかり内容を表されていてイタリアのどこかの街の劇場付きオケのよう?。
お客様のテンションも高く、最終的には一体感のある素敵な上演だったように思います。
悪女はまだこれからもやることあるのかもしれませんがcoldsweats02今回演じてみて楽しめました。
海外のコーチからモーツァルトのイドメネオのエレクトラも10年くらい前に勧められたことがあるのでいつかご依頼があればwink
悪女は激しい情念だけでなく、非常に美しいアリアも多いのことが私としては興味深く、良い人間に与えられた美しいアリアより輝いているかもしれません。
温めて来た悪役sweat01 を終え、次の演奏会やオペラに取り組みます。
ご来場、ご協力頂いた方々ありがとうございました。
Fullsizeoutput_f0c
メラメラ悪女のつもりです
Img_6328
園田マエストロ、共演者、朝岡さんみなさんと頑張りました

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

フォト

Concert & Opera inf.

  • 5月26日(金)、27日(土)
    日本フィル第690回東京定期演奏会<春季> ワーグナー:楽劇《ニーベルングの指環》 序夜「ラインの黄金」※演奏会形式/字幕つき 東京文化会館 26日19:00、27日14:00開演
  • 7月2日(日)
    14:00開演 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)大ホール 信濃楽友会「ドイツ・レクイエム」演奏会
  • 10月1、4、7、11、14、17日 
    新国立劇場オペラパレス ワーグナー作曲楽劇「ニーベルングの指輪」第3日「神々の黄昏」グートルーネ役
  • 12月
    小林研一郎&日本フィルの第九 (都内、東京近郊にて日程未定)
  • 2018年1月25日(水)
    浜離宮ランチタイムコンサート 休憩込み90分、全席2900円
  • 2018年2月17日(土)
    デュオコンサート 共演:テノール西村悟 鎌倉芸術館
  • 2018年3月3日(土)
    神奈川フィル特別コンサート 横浜みなとみらいホール 指揮:現田茂夫 管弦楽:神奈川フィル、合唱団
  • 2018年3−4月
    トヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーン2018